骨董暮らし

骨董品のオークショントラブル事例

骨董品の入手方法は昔は骨董品市やフリーマーケットなどの露店などでした。現在はそれに加えてインターネットサイトでのオークション取引もされるようになってきました。しかし顔の見えないインターネットでの取引には危険がいっぱいで注意しなければならないことがたくさんあります。まずよくあるのが商品に記載されていないような傷や汚れがある場合です。キズや破損があっても手に取ってみられないので写真や詳細文で判断するしかありません。次に多いのが模倣品、つまりコピー品の販売です。本物と偽りコピー商品を販売するのは違法です。このようなオークションで骨董品を手に入れるときのトラブルを防止するにはまず写真や詳細文によく目を通すこと、そしてオークション出品者の評価点をチェックすることです。評価点はこれまでの出品実績を表すものなので取引評価の悪いものは避けた方がいいでしょう。上記のような点に注意して骨董品収集にオークションサイトを利用しましょう。