骨董暮らし

骨董品の需要の今後の動きは・・・?

骨董品の需要というものは、今後は増えることが予想されています。それは景気がよい、といわれているからですが、例えば、中国なんかが今はとても売れる市場になっています。はっきりいって、骨董品というのは、景気がよいときにしか売れないのです。だからこそ、とてもそれがとても大事なことであるといえますから、認識しておくべきです。日本では需要が多いのはなんといっても、掛軸なのですが、それには物凄く良し悪しに差があります。あまり金銭的なことを気にしないのであれば別に良いのですが、どうしても金銭的に価値があるほうがよい、というのであれば、あくまで信用できるところから買うのです。買うときの金額が大事なのではなく、本当にその骨董品に価値があるのかが重要になります。需要があるのはよいのですが、その分、贋作が出回ることがありますから、どうしても避けたほうが良いときもありますから、よく考えるべきです。しかし、いつでも掛軸の需要はあるのです。